文字サイズ

    五輪経費は1兆6千~1兆8千億円…組織委試算

     2020年東京五輪・パラリンピックの開催経費見直し問題で、大会組織委員会が経費を約1兆6000億円から1兆8000億円程度とする試算をまとめたことが17日、関係者の話で分かった。

     21日に開かれる国際オリンピック委員会(IOC)、国、都、大会組織委の4者トップ級会談で提示される予定だ。組織委では、試算額のうち約1兆円を国、都などが負担するよう求めていく意向。

     開催経費を巡っては、先月末の4者トップ級会談で、大会組織委側が「上限は2兆円」とする方針を示した。しかし、IOCのジョン・コーツ副会長から「相当の節約ができる」と指摘され、施設整備のコスト削減など再検討を進めていた。

    2016年12月17日 Copyright © The Yomiuri Shimbun
    PR
    今週のPICK UP
    PR
    今週のPICK UP