文字サイズ

    五輪に合わせ横浜に「連節バス」…定期運行化も

    • 横浜市が導入する連節バスのイメージ(市提供)
      横浜市が導入する連節バスのイメージ(市提供)

     2020年東京五輪・パラリンピックの開催に合わせ、横浜市が新たな交通機関として2台のバスをつないで運行する「連節バス」を導入することがわかった。

     野球・ソフトボール会場となる横浜スタジアムと横浜駅、観光地の中華街やみなとみらい(MM)21地区などを結ぶルートを想定。輸送力向上を図るとともに、五輪のレガシー(遺産)として大会後の定期運行化も目指す。

     連節バスは、一般的なバスの倍にあたる120人前後の乗客を運べるうえ、鉄道と比べて初期投資が抑えられる利点もある。市では横浜駅を出発後、MM21地区のほか、外国人観光客らを乗せた大型客船が到着する大さん橋などを経由し、再開発が検討されている山下ふ頭を結ぶ約5キロのコースを検討している。

    (ここまで318文字 / 残り330文字)
    2018年01月05日 Copyright © The Yomiuri Shimbun
    読売プレミアムに登録された方 記事の続きへ
    未登録の方新規登録へ
    PR
    今週のPICK UP
    PR
    今週のPICK UP
    沖縄旅行など超豪華賞品が当たる!新春プレゼント特集