文字サイズ

    東京五輪で客船ホテル5か所に…入管法など整備

     2020年東京五輪・パラリンピックで大型クルーズ船をホテル代わりに使う「ホテルシップ」構想について、政府がまとめた制度案の概要がわかった。

     外国人観光客らの宿泊施設不足に対応するため、東京、千葉、神奈川3都県の埠頭ふとう計5か所をホテルシップの停泊港に指定する。客船をホテルに使う場合は原則、旅館業法上の営業許可取得を義務付けるなど、法的に曖昧だった部分も解消した。

     今回の制度案は、内閣官房など関係省庁が5日に開く作業部会で、了承される見通しだ。

     ホテルシップの停泊を認めるのは〈1〉東京港の15号地木材埠頭(東京都江東区)〈2〉川崎港の東扇島地区(川崎市川崎区)〈3〉横浜港の山下埠頭(横浜市中区)〈4〉同港の本牧埠頭(同)〈5〉木更津港の南部地区(千葉県木更津市)――の5か所。政府関係者によると、乗客1000人超を収容できる5万トン級以上のクルーズ船も停泊できる。自治体側がホテルシップを誘致した経緯もあることなどから、白羽の矢が立った。

    (ここまで426文字 / 残り405文字)
    2018年03月05日 Copyright © The Yomiuri Shimbun
    読売プレミアムに登録された方 記事の続きへ
    未登録の方新規登録へ
    PR
    今週のPICK UP
    PR
    今週のPICK UP
    ハウステンボス旅行など当たる!夏休み特集