文字サイズ

    北の核攻撃、東京・ソウルで死者210万人試算

    まとめ読み「緊迫・北朝鮮」はこちら

     【ワシントン=海谷道隆】米ジョンズ・ホプキンス大の北朝鮮問題研究グループ「38ノース」は4日、北朝鮮が複数の核搭載ミサイルで東京と韓国の首都ソウルを攻撃した場合、死者が最大約210万人に達するとの試算を発表した。

     爆発威力がTNT火薬換算で15~25キロ・トンの25発の核ミサイルを2都市に発射したと仮定。東京で約20万~約94万人、ソウルで約22万~約116万人の死者が出るとした。ミサイル防衛による迎撃などを想定し、爆発成功率を20~80%として被害を見積もった。

     北朝鮮が9月に行った核実験の爆発威力は、日本政府推定で約160キロ・トンで、広島に投下された原爆(15キロ・トン)の10倍以上。

    2017年10月05日 Copyright © The Yomiuri Shimbun
    PR
    今週のPICK UP
    PR
    今週のPICK UP