文字サイズ

    正恩氏らの「斬首作戦」流出…サイバー攻撃か

    まとめ読み「緊迫・北朝鮮」はこちら

     【ソウル=岡部雄二郎】韓国紙・朝鮮日報は10日、朝鮮半島有事の際に米韓両軍が北朝鮮指導部を標的に実施する「斬首作戦」の内容が、北朝鮮が関与したとみられるサイバー攻撃によって韓国軍から流出したと伝えた。

     半島情勢が緊迫する中、有事に備えた作戦計画が漏れたとすれば波紋を広げそうだ。

     流出源は、昨年9月にハッキングを受けた国防統合データセンター。国防省が与党議員に説明した被害の詳細として、同紙が伝えた。

     それによると、流出したのは、米韓が2015年に策定したとされる「作戦計画5015」。金正恩キムジョンウン朝鮮労働党委員長らを対象に、〈1〉追跡〈2〉隠れ家の封鎖〈3〉強襲作戦〈4〉確保・除去――の4段階にわたる斬首作戦の内容が漏えいした。基本計画に加え、訓練など分野別の文書もハッキングを受けたという。

    (ここまで355文字 / 残り145文字)
    2017年10月10日 Copyright © The Yomiuri Shimbun
    読売プレミアムに登録された方 記事の続きへ
    未登録の方新規登録へ
    PR
    今週のPICK UP
    PR
    今週のPICK UP