文字サイズ

    北が核・ミサイル60日凍結すれば対話も…米紙

    まとめ読み「緊迫・北朝鮮」はこちら

     【ワシントン=小川聡】米紙ワシントン・ポスト(電子版)は9日、北朝鮮が事前に表明したうえで核・ミサイル発射を60日間凍結すれば、米政府が直接対話に応じることを検討していると伝えた。

     ジョセフ・ユン米政府特別代表(北朝鮮担当)が10月30日に米政策研究機関「外交問題評議会」で行ったオフレコの講演で、「北朝鮮が核・ミサイル実験を60日間凍結すれば、米国が平壌との直接対話を再び始めなければならない動機になるだろう」と述べたという。

     北朝鮮が最後に弾道ミサイルを発射したのは9月15日だが、同紙は別の政府筋の話として、60日は北朝鮮が米政府に実験の凍結を表明してからの期限で「まだ始まっていない」とした。

     トランプ大統領はアジア歴訪に合わせ、「北朝鮮が交渉のテーブルに着いて良い取引をすることが賢明だ」などと対話を排除しない姿勢を示している。

    2017年11月10日 Copyright © The Yomiuri Shimbun
    PR
    今週のPICK UP
    PR
    今週のPICK UP