文字サイズ

    「正恩氏と良い関係築ける」トランプ氏が意欲

     【ワシントン=大木聖馬】トランプ米大統領は11日、米紙ウォール・ストリート・ジャーナル(電子版)のインタビューで、核・ミサイル開発を続ける北朝鮮の金正恩キムジョンウン朝鮮労働党委員長について、「おそらく非常に良い関係を築くことができると思う」と述べ、関係構築に意欲を示した。

     トランプ氏は「私は誰とでも関係を構築する。あなた方は驚くと思う」とも述べた。

     トランプ氏は、正恩氏と会話したことがあるのかどうかを問われ、「それについては話したくない。言うつもりはない」と述べ、明言を避けた。また、平昌ピョンチャン五輪・パラリンピック期間中の米韓軍事演習の延期について、「北朝鮮に良いメッセージを送ることになると思う」と述べ、北朝鮮に配慮していることも示唆した。

    (ここまで332文字 / 残り192文字)
    2018年01月12日 Copyright © The Yomiuri Shimbun
    読売プレミアムに登録された方 記事の続きへ
    未登録の方新規登録へ
    PR
    今週のPICK UP
    PR
    今週のPICK UP
    ハウステンボス旅行など当たる!夏休み特集