文字サイズ

    自民改憲案「来年国会に」35%…読売世論調査

     読売新聞社の全国世論調査で、自民党が憲法改正案を国会に提出する時期を聞くと、「来年の通常国会に提出すべきだ」35%、「来年の通常国会よりあとに提出すべきだ」22%で、「憲法改正案を提出する必要はない」は31%だった。

     憲法9条に自衛隊の根拠規定を追加する安倍首相の考えについては、「賛成」49%、「反対」39%だった。

     北朝鮮に核実験やミサイル発射をやめさせるため、国際社会が対話と圧力のどちらを重視すべきかを聞くと、「圧力重視」46%(前回11月調査41%)が「対話重視」43%(同48%)をやや上回り、逆転した。

    2017年12月12日 Copyright © The Yomiuri Shimbun
    PR
    今週のPICK UP
    PR
    今週のPICK UP
    観戦券ほか巨人軍アイテムをプレゼント!