文字サイズ

    福島第一2号機格納容器、冷却水は深さ60cm

    • 工業用内視鏡で事故後初めて観察した福島第一原発2号機の原子炉格納容器の底の様子=東京電力提供
      工業用内視鏡で事故後初めて観察した福島第一原発2号機の原子炉格納容器の底の様子=東京電力提供

     東京電力は26日、福島第一原子力発電所2号機の格納容器内を工業用内視鏡で調べた結果、格納容器底部にたまっている冷却水の深さは約60センチ・メートルだったと発表した。

     これまで水深は、水圧をもとに4メートル前後と推定してきたが、堆積した核燃料が完全に水につかっていない可能性も懸念される。東電は同時に計測した水温が48・5~50度と比較的低かったことなどから、原子炉の「冷温停止状態」の判断には影響しないとしている。

     内視鏡による調査は1月に続いて2度目。壁の貫通部から差し入れた。前回は内視鏡が短く、水面の位置が把握できなかった。炉心溶融(メルトダウン)が起きた1~3号機のうち、格納容器内の水位を実測できたのは初めて。格納容器内の気体は42・8~44・9度だった。

    (ここまで334文字 / 残り121文字)
    2012年03月27日 Copyright © The Yomiuri Shimbun
    読売プレミアムに登録された方 記事の続きへ
    未登録の方新規登録へ
    PR
    今週のPICK UP
    PR
    今週のPICK UP