文字サイズ

    原発廃炉でIAEA調査団受け入れ…福島で会議

     東京電力福島第一原子力発電所事故を教訓として、世界各国の原子力安全を向上させるため、政府と国際原子力機関(IAEA)が共催する「原子力安全に関する福島閣僚会議」が15日、福島県郡山市で開幕した。

     福島原発事故に関する議長声明が同日夕、発表され、日本は同原発の廃炉や、除染について、IAEAの調査団を受け入れ、適切な助言をもらいながら進めていくことが盛り込まれた。

     政府によると、技術的にまだ確立されていない、燃料が溶融した原発の廃炉や、広範囲にわたる除染作業について、IAEAの専門家らによる調査団に、来年以降、現状を見てもらう。IAEAが日本で得た情報は、国際的に共有し、廃炉や除染作業が将来必要となる原発保有国で生かしていく。

    (ここまで316文字 / 残り268文字)
    2012年12月15日 Copyright © The Yomiuri Shimbun
    読売プレミアムに登録された方 記事の続きへ
    未登録の方新規登録へ
    PR
    今週のPICK UP
    PR
    今週のPICK UP
    2018年を彩るカレンダーをプレゼント!