文字サイズ

    タンク容量超え、福島原発低レベル滞留水漏れる

     東京電力は17日、福島第一原発5、6号機の原子炉建屋内にたまった地下水や雨水など「低レベル滞留水」約27・5トン(推定)が、貯蔵していたタンクから地中に漏れたと発表した。

     タンクの容量(90トン)を超えたのが原因。17日にタンクの水を分析したところ、放射性セシウムは検出限界値未満だった。

     発表によると、「低レベル滞留水」は、5、6号機の建屋からくみ上げた後、放射性セシウムなどを除去し、約400メートル離れたタンク8基に貯蔵されている。水漏れは、そのうちの1基で発生し、17日午前8時55分頃、社員が発見した。東電はこれまで、火災防止のため、この水を敷地内に散水していた。

     東電は、1~4号機の建屋内から除去した汚染水をためるタンクには漏えいを監視するカメラを設置しているが、汚染の可能性が低い5、6号機の滞留水を貯蔵するタンクには取り付けていなかった。

    2013年05月17日 Copyright © The Yomiuri Shimbun
    PR
    今週のPICK UP
    PR
    今週のPICK UP
    2018年を彩るカレンダーをプレゼント!