文字サイズ

    吉田元所長、お別れの会…遺影は作業服姿

    • しめやかに営まれた吉田昌郎・元東京電力福島第一原発所長の「告別の会」=菊政哲也撮影
      しめやかに営まれた吉田昌郎・元東京電力福島第一原発所長の「告別の会」=菊政哲也撮影

     東京電力福島第一原発の事故当時の所長で、7月9日に58歳で亡くなった吉田昌郎さんの「お別れの会・告別の会」が23日、東京都港区の青山葬儀所で開かれ、安倍首相や被災地の首長ら約1050人が参列した。

     祭壇には青い作業服姿でほほ笑む遺影が飾られた。近親者や東電関係者で営まれた「お別れの会」で、広瀬直己・東電社長は「吉田さんが守ろうとした福島の地と人々のこと、身をもって示した電力マンの誇りと責任、一人の人間としての勇気を私たちは深く胸に刻む」と追悼の言葉を述べた。

     その後の一般市民らが参列する「告別の会」では、安倍首相のほか民主党の海江田代表、細野元原発相らも弔問に訪れた。細野氏は「大変な精神力とリーダーシップを持った方だった」としのんだ。

    2013年08月23日 Copyright © The Yomiuri Shimbun
    PR
    今週のPICK UP
    PR
    今週のPICK UP
    2018年を彩るカレンダーをプレゼント!

    今月の特集「みんなにHappy Christmas!!」

    幾つになっても楽しいクリスマス