文字サイズ

    首相、福島第一原発5・6号機廃炉を東電に要請

    • 福島第一原発の免震重要棟で所員への激励を行う安倍首相(左、19日午後、福島県大熊町で)=代表撮影
      福島第一原発の免震重要棟で所員への激励を行う安倍首相(左、19日午後、福島県大熊町で)=代表撮影

     安倍首相は19日、東京電力福島第一原子力発電所を視察し、東電の広瀬直己社長に、〈1〉運転を停止している5、6号機の廃炉〈2〉廃炉決定済みの1~4号機の廃炉に向けた現場の裁量で使える資金の確保〈3〉期限を区切った汚染水の浄化――の3点を要請した。

     広瀬氏は、5、6号機の廃炉に関する結論は年内に出すとし、1~4号機の廃炉で計上済みの引当金約1兆円に加え、更に1兆円を確保する考えを示した。貯蔵タンク内の汚染水の浄化は2014年度中に終えると述べた。

     首相は5、6号機の廃炉要請について、汚染水対策など「事故処理に集中するため」と説明した。2020年夏季五輪・パラリンピックの東京招致が決まった先の国際オリンピック委員会(IOC)総会で、国が前面に立った事故処理方針を表明したことから、今回の視察や廃炉要請で、その姿勢を内外にアピールする狙いもあったとみられる。首相は、記者団に「事故の処理、汚染水処理は、国が前面に出てしっかり対応したい」と語った。

    (ここまで424文字 / 残り318文字)
    2013年09月20日 Copyright © The Yomiuri Shimbun
    読売プレミアムに登録された方 記事の続きへ
    未登録の方新規登録へ
    PR
    今週のPICK UP
    PR
    今週のPICK UP