文字サイズ

    福島第一4号機、核燃料の取り出し始まる

     東京電力によると、福島第一原子力発電所4号機の使用済み核燃料プールで18日午後3時18分、燃料集合体を保管用の棚(ラック)から取り出す作業が始まった。

     水中で1本ずつ、輸送容器に移していく。2011年3月の事故で壊れた1~4号機から、燃料を本格的に取り出すのは初めて。廃炉工程は新たな段階に入り、より放射線量が高い1~3号機のプールからの燃料取り出しや、最難関の溶融燃料の回収に向けた準備へと進む。

     4号機のプールには、4基の中で最多の燃料1533本がプール内で冷却されている。

    2013年11月18日 Copyright © The Yomiuri Shimbun
    PR
    今週のPICK UP
    PR
    今週のPICK UP