文字サイズ

    「冷温」監視の温度計一つ故障…福島第一2号機

     東京電力は19日、福島第一原子力発電所2号機で圧力容器の底部にある二つの温度計のうち、一つが故障したと発表した。

     底部の温度計は、原子炉の冷温停止状態を監視するために使っている。東電は「残り一つの温度計で監視はできるが、追加の温度計の設置を急ぎたい」と説明している。

    2014年02月20日 Copyright © The Yomiuri Shimbun
    PR
    今週のPICK UP
    PR
    今週のPICK UP