文字サイズ

    「アマランサス」より4倍効果ある除染植物とは

    • 浪江町の水田跡地に植えられたネピアグラス(弘前大・姜准教授提供)
      浪江町の水田跡地に植えられたネピアグラス(弘前大・姜准教授提供)

     青森県の弘前大が、福島県浪江町で行った除染植物「ネピアグラス」の実証実験で、放射性セシウムの吸収効果が、最も高いとされる植物「アマランサス」より、約4倍高い結果が出た。

     同大では「効果が高く、除染と農地保全に有益」としている。実験成果を受け、今後、隣の大熊町などと大規模な植物除染に着手する方向で協議に入った。

     ネピアグラスは熱帯アフリカ原産のイネ科の多年草だ。弘前大は、浪江町と東京電力福島第一原発事故に対する支援協定を結んでいる。

     実験は同大農学生命科学部の姜東鎮准教授らが昨年5月から10月にかけて浪江町の水田跡地と牧草地跡地の0・5アールずつで行った。

     通常の除染で表土をはぎ取る前の農地の放射性セシウム量を100%とした場合、表土はぎ取り後も15~20%のセシウムが残る。この農地に、ネピアグラスを植えてどれだけセシウムを吸収できるか確認したところ、これまで最も高いとされてきた除染向けの植物「アマランサス」(最高値0・193%)に比べて、約4倍(最高値0・721%)高かった。

    (ここまで445文字 / 残り404文字)
    2014年03月07日 Copyright © The Yomiuri Shimbun
    読売プレミアムに登録された方 記事の続きへ
    未登録の方新規登録へ
    PR
    今週のPICK UP
    PR
    今週のPICK UP