文字サイズ

    原発への津波の影響調べる世界最大級の実験設備

    • 電力中央研究所が公開した実験装置。800トンの水を一気に流し、高さ2メートルの波を起こした
      電力中央研究所が公開した実験装置。800トンの水を一気に流し、高さ2メートルの波を起こした

     電力会社で作る一般財団法人・電力中央研究所(本部・東京都)は22日、原子力施設が津波に襲われた際にどのような影響を受けるかを調べる実験設備を、報道陣に初めて公開した。

     東京電力福島第一原子力発電所の事故を受け、電中研が今月、千葉県我孫子市に設置した。高さ2・5メートル、秒速7メートルの波を起こすことができ、電中研は、同様の施設では世界最大級としている。

     実験設備は、800トンの水を、長さ20メートル、幅4メートル、深さ2・5メートルの水路に一気に流し込んで波を起こす仕組み。水路の中に、津波を防ぐ防潮堤や、原子炉の冷却に必要な取水路の設備の一部などを置き、津波の影響を調べる。

     この日は、高さ1・5メートルの鉄筋コンクリート製の防潮堤に、高さ2メートルの波を起こす実験を行った。4・5メートルの防潮堤に、6メートルの波が押し寄せている状況に相当するという。

    (ここまで381文字 / 残り76文字)
    2014年04月22日 Copyright © The Yomiuri Shimbun
    読売プレミアムに登録された方 記事の続きへ
    未登録の方新規登録へ
    PR
    今週のPICK UP
    PR
    今週のPICK UP
    2018年を彩るカレンダーをプレゼント!