文字サイズ

    第一原発「凍土壁」、2日にも着工…規制委了承

     福島第一原子力発電所1~4号機建屋への地下水流入を遮断する「凍土壁」計画について、東京電力は30日、一部の掘削工事などを6月2日にも始めることを決めた。

     原子力規制委員会が30日、着工を了承した。

     凍土壁は土を深さ30メートルまで凍らせて造る壁で、1~4号機建屋の周囲1・5キロ・メートルを囲う。規制委は、地盤沈下の恐れなどを懸念していたが、26日に東電の説明を受けて「安全性に問題はない」と判断。掘削やがれき撤去などの準備工事に入ることを認めた。東電は「土中に埋設物がほとんどない、建屋の山側などから優先して工事を進める」という。

    2014年05月30日 Copyright © The Yomiuri Shimbun
    PR
    今週のPICK UP
    PR
    今週のPICK UP
    2018年を彩るカレンダーをプレゼント!