文字サイズ

    福島第一・ALPS、3か月ぶりにフル稼働

     東京電力は22日、福島第一原子力発電所の汚染水浄化装置「ALPS(アルプス)」で、配管部品の腐食などがあった1系統の処理ラインの運転を再開したと発表した。

     これにより、3系統全ての修理が完了し、3か月ぶりにフル稼働した。

     東電によると、3月から3系統でパッキンの劣化が相次いで判明。今回の系統も5月20日に運転を停止した。さらに、パッキンの交換に合わせて点検した際、配管部品の腐食も見つかっていた。

     3系統を同時運転した場合、最大で1日750トンの汚染水処理が可能になるという。

    2014年06月22日 Copyright © The Yomiuri Shimbun
    PR
    今週のPICK UP
    PR
    今週のPICK UP