文字サイズ

    仏アレバ社の汚染水浄化装置、廃止を申請…東電

     東京電力は11日、福島第一原発事故後、初めて同原発に導入された仏アレバ社製の汚染水浄化装置について、原子力規制委員会に廃止を申請すると発表した。

     これまでほかの浄化装置のトラブルに備えていつでも運転可能な状態にしてきたが、同時に導入された米キュリオン社製装置や、ALPSアルプスなどほかの装置で処理容量は十分と判断した。

     東電によると、アレバの装置は2011年6月に運転を始め、約7万6000トンの汚染水を処理したが、同年9月以降は使われていない。維持にあたる作業員の被曝ひばくも問題になっていた。

    2014年08月11日 Copyright © The Yomiuri Shimbun
    PR
    今週のPICK UP
    PR
    今週のPICK UP