<速報> 日産、国内向け全車両の出荷停止…無資格検査
    文字サイズ

    帰還困難区域の国道6号、車に限って通行再開

    • 15日午前0時までの通行規制が続いている国道6号。検問所で通行証を確認している(14日午後6時39分、福島県富岡町で)=岩波友紀撮影
      15日午前0時までの通行規制が続いている国道6号。検問所で通行証を確認している(14日午後6時39分、福島県富岡町で)=岩波友紀撮影

     東京電力福島第一原発事故による帰還困難区域(年間被曝ひばく線量50ミリ・シーベルト超)を通る福島県双葉町から富岡町までの国道6号(約14キロ・メートル)について、政府は15日午前0時、自動車に限って通行規制を解除した。

     国が今年8月まで実施した除染で放射線量が下がり、解除が決まった。帰還困難区域は原則立ち入り禁止で、この区間の通行はこれまで、通勤や通院のための通行許可証を持つ避難住民の車などに限られていた。迂回うかいすると所要時間が大幅に長くなり、地元が解除を求めていた。

     解除後も道路以外への立ち入りはできず、防犯対策として道路沿いにはバリケードを設けた。無用な被曝を避けるため、オートバイや自転車、歩行者などの規制は継続する。

    2014年09月15日 Copyright © The Yomiuri Shimbun
    PR
    今週のPICK UP
    PR
    今週のPICK UP