文字サイズ

    汚染雨水「原因究明を」…県漁連組合長会

     東京電力福島第一原子力発電所2号機の建屋の一部にたまった雨水から高濃度の放射性物質が検出された問題で、福島県いわき市で25日に開かれた福島県漁業協同組合連合会の組合長会では、出席者から原因究明を求める声が上がった。

     冒頭、同連合会の野崎哲会長は、「東電は、(トラブルを)一つずつつぶしていき、前に進む方向付けをしてほしい」と述べた。

     会議では、国や東電が検討している原子炉建屋周辺の井戸「サブドレン」から汚染された地下水をくみ上げて浄化する計画などについて話し合う予定だったが、今回の問題への対応を求める意見が出たことから、集約には至らなかった。

     試験操業を続けるいわき市漁協の矢吹正一組合長は会議前、記者団に、「信用していたのに裏切られた。サブドレンどころではないという思いだ」と話し、相馬双葉漁協の佐藤弘行組合長は「サブドレンを使った浄化作業は廃炉には欠かせない。漁業とは別の問題と考えたいが、組合員の反発はあると思う」と指摘した。

    2015年02月25日 Copyright © The Yomiuri Shimbun
    PR
    今週のPICK UP
    PR
    今週のPICK UP

    山へ行こう♪

    初心者も、ベテランも 準備はしっかりと