文字サイズ

    福島第二原発、炉内核燃料のプール移送作業完了

     東京電力は24日、福島第二原子力発電所3号機の原子炉にある使用済み核燃料764本を取り出し、原子炉建屋内にある専用プールに移す作業が完了したと発表した。

     これで福島第二原発1~4号機全ての原子炉にある燃料が移された。

     福島第二原発は東日本大震災時に自動停止して以降、稼働していない。東電は燃料を管理しやすくするため、2012年10月から、4号機を手始めに原子炉内の燃料をプールに移す作業を始めていた。

    2015年03月24日 Copyright © The Yomiuri Shimbun
    PR
    今週のPICK UP
    PR
    今週のPICK UP