文字サイズ

    排水路の汚染雨水、港湾外に流出…ポンプ停止で

     東京電力は21日、福島第一原子力発電所の「K排水路」から、汚染された雨水があふれて港湾外に流出したと発表した。

     雨水をポンプ8台でくみ上げ、港湾内に注ぐ別の排水路へ移送していたが、8台とも停止しているのが21日午前8時45分頃見つかった。東電は停止した原因や流出量などを調べている。

     K排水路は1~4号機の西側から港湾外へ続く。雨が降ると建屋に付着した放射性物質などが流れ込むため、海への流出が問題化。17日からポンプでの移送が本格的に始まっていた。

    2015年04月21日 Copyright © The Yomiuri Shimbun
    PR
    今週のPICK UP
    PR
    今週のPICK UP
    2018年を彩るカレンダーをプレゼント!