文字サイズ

    福島第一原発側溝のホースに穴、汚染水漏れる

     東京電力は29日、福島第一原子力発電所の側溝に設置されたホースから、放射性物質を含む汚染水が漏れたと発表した。

     東電などによると、29日午前10時過ぎ、作業員がホースから水が漏れているのを確認。ホースに1センチほどの穴が開いていたという。

     側溝は外洋に通じる排水路につながっている。排水路内の水の放射性物質濃度は通常1リットル当たり数十ベクレルだが、汚染水漏れの影響で、28、29日は同1200~1400ベクレルに上昇した。ただ、排水路の水は途中でポンプでくみ上げ、港湾内に通じる別の排水路に移しており、外洋への流出はないという。

     ホースは、タンク内の汚染水を3号機タービン建屋に移して処理するために設置されたもので、移送作業は27日から行われていた。

    2015年05月29日 Copyright © The Yomiuri Shimbun
    PR
    今週のPICK UP
    PR
    今週のPICK UP
    2018年を彩るカレンダーをプレゼント!