文字サイズ

    福島第一で工事車両のハッチに頭挟まれ男性死亡

     8日午前6時25分頃、福島県の東京電力福島第一原発構内で、工事車両を清掃していた同県いわき市小名浜、烏山直志さん(52)が、車両後部の金属製ハッチに頭を挟まれ、搬送先の病院で死亡した。

     双葉署や東電などによると、烏山さんは東電の協力企業の社員。同日早朝から、凍土遮水壁の建設工事で出た土砂を吸い上げて搬出する車両の清掃作業をしていた。別の作業員が発見したという。

    2015年08月08日 Copyright © The Yomiuri Shimbun
    PR
    今週のPICK UP
    PR
    今週のPICK UP