文字サイズ

    福島第一、原子炉建屋にキツネ…カメラに映る

    • 福島第一原発2号機の原子炉建屋に侵入したキツネ(12月21日撮影、東京電力提供)
      福島第一原発2号機の原子炉建屋に侵入したキツネ(12月21日撮影、東京電力提供)

     東京電力は28日、福島第一原子力発電所2号機の原子炉建屋1階にキツネ1匹が侵入したと発表した。

     付近の重要ケーブルはカバーで覆われており、キツネがかんでも問題はないという。東電は、動物が侵入できないようフェンスの設置などを検討する。

     キツネは尾を含めて体長約1・3メートルで、今月21日午前5時50分頃、建屋入り口から約20メートルの場所にある監視カメラに映っていた。その後、キツネは見つかっていない。建屋には壊れている場所もあり、どこから侵入したかは不明。現場は放射線量が高く、作業員が容易に立ち入れない。

     同原発では2013年、ネズミにより配電盤がショートし、使用済み燃料プールの冷却が停止したことがある。

    2015年12月28日 Copyright © The Yomiuri Shimbun
    PR
    今週のPICK UP
    PR
    今週のPICK UP
    2018年を彩るカレンダーをプレゼント!