文字サイズ

    サミット中、福島第一の廃炉作業休止…テロ警戒

     東京電力は、今月26~27日に開かれる主要国首脳会議(伊勢志摩サミット)の期間中、福島第一原子力発電所の廃炉作業を休止する方針を決めた。

     テロ警戒のため、敷地内に立ち入る人員を絞るのが狙いとみられ、作業は核燃料への注水作業など最小限にとどめる。

     同原発では、平日は約6000人が、汚染水をためるタンクの設置や、原子炉建屋を覆うカバーの解体などにあたっている。サミット期間中は、こうした作業の大部分をとりやめ、日曜・祝日と同様の約1000人体制に縮小するという。

    2016年05月07日 Copyright © The Yomiuri Shimbun
    PR
    今週のPICK UP
    PR
    今週のPICK UP