文字サイズ

    福島第一2号機で湯気、発熱する溶融燃料からか

     東京電力は30日、福島第一原子力発電所2号機の原子炉格納容器内部を撮影した映像を解析した結果、容器の底部で立ち上る湯気を確認したと発表した。

     炉心から溶け落ち、発熱し続ける溶融燃料から生じている可能性があるという。溶融燃料は確認できていない。

     映像は、今年1月に撮影したもの。原子炉圧力容器の真下にある作業床が落下しているのは確認できたが、下部の様子までは分かっていなかった。今回、映像から放射線の影響を取り除いたところ、作業用床に生じた穴の下部に、湯気が見えたという。

     東電は「溶融燃料のほかに発熱する原因は考えられない。断定はできないが、注入している溶融燃料にかかった冷却水が蒸発しているとみられる」と話している。

    2017年03月30日 Copyright © The Yomiuri Shimbun
    PR
    今週のPICK UP
    PR
    今週のPICK UP