文字サイズ

    福島第一原発3号機、潜水式調査ロボット投入へ

     東京電力は22日、福島第一原子力発電所3号機の原子炉格納容器内を調べるため、潜水式の調査ロボットを今夏に投入すると発表した。

     炉心溶融が起きた3号機の格納容器内には、溶融燃料を冷却するための水が深さ約6メートルまでたまっており、ロボットを潜水させて、溶融燃料の位置を確認する。3号機の格納容器にロボットが投入されるのは初めて。

     発表によると、ロボットは直径約13センチ、全長約30センチの円柱形でスクリューやカメラ、照明を備えている。格納容器を貫く直径約14センチの配管から投入し、ケーブルを通じて遠隔操作する。

    (ここまで257文字 / 残り119文字)
    2017年05月23日 Copyright © The Yomiuri Shimbun
    読売プレミアムに登録された方 記事の続きへ
    未登録の方新規登録へ
    PR
    今週のPICK UP
    PR
    今週のPICK UP
    2018年を彩るカレンダーをプレゼント!

    今月の特集「みんなにHappy Christmas!!」

    幾つになっても楽しいクリスマス