文字サイズ

    安藤ハザマ、除染作業員の宿泊費8千万円水増し

     ゼネコン準大手「安藤ハザマ」(東京)は9日、福島県いわき、田村両市から受注した東京電力福島第一原発事故に伴う除染事業で、作業員の宿泊費を水増しした領収書を両市に提出していたと発表した。

     発表によると、作業員は下請け会社が運営する施設に宿泊し、この会社が安藤ハザマに領収書を発行していた。実際の宿泊費は1泊5000円だったのに、同社の男性社員は、いわき市から2012年に受注した事業では同7500円に、13年の田村市の事業では同5500円に、それぞれ領収書を改ざんするようメールで指示。宿泊者数も実際の延べ約1万6000人から約2万5000人に増やし、水増しの総額は8000万円に上った。

    (ここまで294文字 / 残り196文字)
    2017年06月09日 Copyright © The Yomiuri Shimbun
    読売プレミアムに登録された方 記事の続きへ
    未登録の方新規登録へ
    PR
    今週のPICK UP
    PR
    今週のPICK UP
    2018年を彩るカレンダーをプレゼント!