文字サイズ

    東電元会長ら3人、無罪を主張「予見は不可能」

    • 東京地裁に入る(右から)東電の勝俣恒久・元会長、武藤栄・元副社長、武黒一郎・元副社長(30日午前、東京都千代田区で)=武藤要撮影
      東京地裁に入る(右から)東電の勝俣恒久・元会長、武藤栄・元副社長、武黒一郎・元副社長(30日午前、東京都千代田区で)=武藤要撮影

     東京電力福島第一原発事故を巡り、検察審査会の起訴議決に基づき業務上過失致死傷罪で強制起訴された東電の勝俣恒久・元会長(77)ら旧経営陣3人の初公判が30日、東京地裁(永渕健一裁判長)で開かれた。

     原発事故の刑事責任を問う裁判は初めて。3人は罪状認否でいずれも「事故は予見できなかった」として無罪を主張した。

     他に強制起訴されたのは、原発担当役員だった武藤栄(67)、武黒一郎(71)の両元副社長。公判では、3人が巨大津波を予見でき、対策を取っていれば事故を防げたのかどうかが争点となる。

     罪状認否で勝俣被告は「多大な迷惑をかけた」と謝罪した一方、「私が事故を予見することは不可能だった」と述べた。

     起訴状では、3人は10メートル超の津波が襲来して事故が起きるのを予見できたのに、その対策を怠り、2011年3月11日の東日本大震災に伴う津波による全電源喪失で原発の炉心損傷を発生させた結果、原発から約4・5キロ・メートルに位置する「双葉病院」(福島県大熊町)の入院患者らに避難を余儀なくさせ、44人を死亡させるなどしたとしている。

    (ここまで465文字 / 残り432文字)
    2017年06月30日 Copyright © The Yomiuri Shimbun
    読売プレミアムに登録された方 記事の続きへ
    未登録の方新規登録へ
    PR
    今週のPICK UP
    PR
    今週のPICK UP