文字サイズ

    福島第一、燃料デブリを横から回収…21年着手

    • 福島第一原発3号機で、今月22日に潜水式ロボットが撮影した原子炉格納容器内の底部付近。燃料デブリが混ざっているとみられる堆積(たいせき)物=左=が発見された(国際廃炉研究開発機構提供)
      福島第一原発3号機で、今月22日に潜水式ロボットが撮影した原子炉格納容器内の底部付近。燃料デブリが混ざっているとみられる堆積(たいせき)物=左=が発見された(国際廃炉研究開発機構提供)

     東京電力福島第一原子力発電所事故で炉心溶融(メルトダウン)した1~3号機の「燃料デブリ」について、政府などが検討している取り出し方針の骨子案が明らかになった。

     骨子案では、原子炉格納容器の底部にたまったデブリの回収を優先し、横方向からロボットアームなどの遠隔操作によって取り出す工法を軸としている。デブリ回収の着手は2021年を目指しており、全体の廃炉作業が終了するのは事故から30~40年後としている。

     骨子案は、政府に技術的助言などを行う「原子力損害賠償・廃炉等支援機構」が取りまとめた。経済産業省が31日に福島県いわき市で開催した廃炉・汚染水対策の有識者会議で提示された。政府は骨子案を踏まえ、今年9月頃に各号機の取り出し方針を決定する。

    (ここまで323文字 / 残り726文字)
    2017年07月31日 Copyright © The Yomiuri Shimbun
    読売プレミアムに登録された方 記事の続きへ
    未登録の方新規登録へ
    PR
    今週のPICK UP
    PR
    今週のPICK UP