文字サイズ

    原発事故でゴルフ客減…東電に6億円超賠償命令

     東京電力福島第一原発事故の影響で営業損害を受けたなどとして、福島県南相馬市のゴルフ場「鹿島カントリー倶楽部クラブ」を運営する鹿島総業(東京)が東京電力(同)に損害賠償などを求めた訴訟で、東京地裁(水野有子裁判長)は11日、約6億6680万円の支払いを東電に命じる判決を言い渡した。

     判決によると、同ゴルフ場は同原発から30キロ圏内に位置し、2011年3月の事故で休業。同年6月にコースを縮小して営業を再開したが、利用客は大幅に減少し、16年時点でも事故前の6割弱にとどまっている。

     東電側は訴訟で、「事故がなくても高齢化などで利用客は減少した」などと主張したが、判決は、「売り上げや収益の減少は、事故によるコースの荒廃・原野化、放射性物質による汚染や風評被害などによるものと認められる」と指摘し、営業上の損害を認定した。

     一方、原告側は、除染の費用負担も求めたが、判決は、「全体の除染が必要とは認められない」などと退けた。

     東京電力は「判決内容を確認し、対応を検討する」とコメントした。

    2017年10月11日 Copyright © The Yomiuri Shimbun
    PR
    今週のPICK UP
    PR
    今週のPICK UP
    2018年を彩るカレンダーをプレゼント!