文字サイズ

    福島原発訴訟、双方が控訴…原告「課題残った」

     東京電力福島第一原発事故を巡り、福島県などの約3800人が国と東電に損害賠償などを求めた訴訟で、全ての原告が23日、1審・福島地裁判決を不服として仙台高裁に控訴した。

     国と東電も同日付で控訴した。

     判決では、国と東電の賠償責任を認め、東電には原告のうち約2900人に総額4億9795万円を支払うよう命じ、国にはこのうち2億5023万円を連帯して支払うよう命じた。空間放射線量を事故前の状態に戻す原状回復請求は却下した。

     控訴理由について、原告側弁護団は、原状回復請求が却下されたことや、一部地域の原告に賠償が認められなかった点に「課題が残った。より高い水準を目指す」と説明。一方、国は「裁判所の判断を受け入れることができないとの結論に達した」、東電は「総合的に判断した」とした。

    2017年10月23日 Copyright © The Yomiuri Shimbun
    PR
    今週のPICK UP
    PR
    今週のPICK UP