文字サイズ

    汚染土の中間貯蔵施設が本格運転…福島・大熊町

    • 本格運用が始まった中間貯蔵施設(28日午後、福島県大熊町で)=関口寛人撮影
      本格運用が始まった中間貯蔵施設(28日午後、福島県大熊町で)=関口寛人撮影

     東京電力福島第一原発事故に伴う汚染土や廃棄物を保管する中間貯蔵施設のうち、福島県大熊町の土壌貯蔵施設で28日、汚染土の貯蔵が始まった。

     中間貯蔵施設の本格運転は事故後初めて。県内各地で化学繊維製の「フレコンバッグ」などに入れられて仮置きされている汚染土の解消が期待される。ただ、中間貯蔵後にどう処分するか、見通しは立っていない。

     中間貯蔵施設は、環境省が大熊、双葉両町の計約1600ヘクタールで建設を計画し、第一原発を取り囲むように建設を進めている。本格運転が始まったのはこのうち0・64ヘクタールの土壌貯蔵施設で、汚染土を5万立方メートル保管できる。28日は、36立方メートルの汚染土がベルトコンベヤーで施設内に運び込まれ、保管に向けて次々に積み上げられていった。

    (ここまで334文字 / 残り224文字)
    2017年10月28日 Copyright © The Yomiuri Shimbun
    読売プレミアムに登録された方 記事の続きへ
    未登録の方新規登録へ
    PR
    今週のPICK UP
    PR
    今週のPICK UP