<速報> 「イプシロン」3号機、打ち上げに成功
    文字サイズ

    原発事故後に白血病「労災」…東電社員を認定

     厚生労働省は13日、東京電力福島第一原発事故の緊急作業などで被曝ひばくし、白血病を発症した40歳代の東電の男性社員について、労災を認定した。

     同原発事故後の作業で被曝し、白血病を発症して労災認定されるのは3人目。

     同省の発表によると、男性は1994年4月、東電に入社し、福島第一原発で原子炉の機器の保全業務を担当していた。2011年3月の東日本大震災の際は、津波による被害の確認や爆発した1、3号機への注水作業などに従事。16年2月、白血病と診断され、労災申請した。男性の累積の被曝線量は約99ミリ・シーベルトで、同省が定めた労災認定の基準に達していた。

     同原発事故後の作業で被曝し、白血病を含むがんで労災申請したのは16人。このうち、認定されたのは白血病で3人、甲状腺がんで1人の計4人。5人が調査中で、5人が不認定、2人が取り下げた。

     東電は「労災認定は労働者への補償の観点から判断されたと認識している。引き続き、被曝管理を徹底する」とコメントした。

    2017年12月14日 Copyright © The Yomiuri Shimbun
    PR
    今週のPICK UP
    PR
    今週のPICK UP
    沖縄旅行など超豪華賞品が当たる!新春プレゼント特集