文字サイズ

    原発事故や暖冬で…ワカサギ釣り、7年ぶり解禁

    • 榛名湖で7年ぶりに解禁されたワカサギの穴釣りを楽しむ人たち(30日午前、群馬県高崎市で)=片岡航希撮影
      榛名湖で7年ぶりに解禁されたワカサギの穴釣りを楽しむ人たち(30日午前、群馬県高崎市で)=片岡航希撮影

     群馬県高崎市の榛名湖で30日、7年ぶりに氷上のワカサギ釣りが解禁された。

     榛名観光協会によると、榛名湖では東京電力福島第一原発事故の影響や、暖冬で結氷が不十分だったことから解禁が見送られてきた。現在釣りができる場所は湖面全体の3分の2ほどで、氷の厚さは最大22センチ。この日は午前6時半の解禁とともに、釣り客が氷上へ繰り出した。ワカサギは原発事故の影響などで一時持ち帰りが規制されていたが、今では持ち帰ることができる。

    2018年01月30日 Copyright © The Yomiuri Shimbun
    PR
    今週のPICK UP
    PR
    今週のPICK UP
    美術展ナビ開設記念 プラド展特別鑑賞会などにご招待