文字サイズ

    小泉元首相「東電なぜカネ出せる、常識がない」

    • 脱原発を主張する小泉元首相(14日、水戸市の県民文化センターで)
      脱原発を主張する小泉元首相(14日、水戸市の県民文化センターで)

     脱原発を主張する小泉純一郎・元首相が14日、水戸市の茨城県立県民文化センターで講演した。

     「科学技術にはリスクと恩恵があるが、原発は一度事故が起きたら取り返しがつかない」と強調し、再生可能エネルギーの積極活用を呼びかけた。

     講演は、日本原子力発電が運営する東海第二発電所(茨城県東海村)の再稼働に反対する住民などでつくる実行委員会が主催。首長や大学教授も呼びかけ人に名を連ねた。

     講演で小泉元首相は「自分は元々、原発推進の立場だったが、東日本大震災で変わった」と振り返り、「過ちを改めるにははばかることなかれ。自然エネルギーを使った方が、今よりもはるかに良い時代が来る。原発に保守も革新も、与党も野党も関係ない」と、立場を超えての協力を訴えた。

     また、日本原電が必要とする東海第二の安全対策費約1700億円のうち、不足分を東京電力が支援する方針を示したことについては、「損害賠償も廃炉作業も自分でできない東電がなぜ原電に金を出せるのか。常識がない」と厳しく批判した。

    2018年04月15日 Copyright © The Yomiuri Shimbun
    PR
    今週のPICK UP
    PR
    今週のPICK UP
    観戦券ほか巨人軍アイテムをプレゼント!