文字サイズ

    皇太子ご夫妻、「ルーヴル美術館展」を鑑賞

    • 「ルーヴル美術館展」を訪れ、フェルメールの「天文学者」をご覧になる皇太子ご夫妻(25日午後7時51分、東京都港区の国立新美術館で)=奥西義和撮影
      「ルーヴル美術館展」を訪れ、フェルメールの「天文学者」をご覧になる皇太子ご夫妻(25日午後7時51分、東京都港区の国立新美術館で)=奥西義和撮影

     皇太子ご夫妻は25日、東京・六本木の国立新美術館で開催中の「ルーヴル美術館展 日常を描く―風俗画にみるヨーロッパ絵画の真髄」(読売新聞社など主催)を鑑賞された。

     同展では、フランス・パリから約80点の貴重な絵画を展示。17世紀オランダの画家フェルメールの傑作で、日本初公開となる「天文学者」などの作品を前に、皇太子さまは案内役に熱心に質問された。雅子さまも作品に顔を近づけるなどし、じっくり見て回られた。

     同展は6月1日まで。同館は火曜休館だが、26日は特別開館する。

    2015年05月25日 Copyright © The Yomiuri Shimbun
    PR
    今週のPICK UP
    PR
    今週のPICK UP

    目力アップ♪

    疲れをほぐして、イキイキと!