文字サイズ

    東京大空襲73年法要、秋篠宮ご夫妻が参列

    • 東京都慰霊堂を訪れ、手を合わせる人たち(10日午前、東京都墨田区で)
      東京都慰霊堂を訪れ、手を合わせる人たち(10日午前、東京都墨田区で)

     約10万人が命を落としたとされる東京大空襲から73年となった10日、犠牲者を悼む法要が東京都慰霊堂(墨田区)で営まれた。

     秋篠宮ご夫妻が参列され、遺族ら約600人が冥福めいふくを祈った。

     両親と姉を空襲で亡くしたという墨田区の91歳女性は「毎年3月10日になると、焼夷しょうい弾の真っ赤な炎を思い出して怖くなる。安らかに眠ってほしい」と手を合わせていた。一緒に訪れた孫の34歳女性は、「私は戦争を知らないけれど、祖母から当時の話を聞き、語り継いでいきたい」と話していた。

    2018年03月10日 Copyright © The Yomiuri Shimbun
    PR
    今週のPICK UP
    PR
    今週のPICK UP
    ハウステンボス旅行など当たる!夏休み特集