文字サイズ

    首相、岩手で復興状況視察…夫人もフォーラムに

    • 龍泉洞を視察する安倍首相(中央)=代表撮影
      龍泉洞を視察する安倍首相(中央)=代表撮影

     安倍首相が12日、岩手県を訪れ、東日本大震災や台風10号で被災した宮古市と岩泉町で復興の状況を視察した。

     宮古市では市立一中の卒業式に出席し、「希望」と書かれた色紙を生徒代表に手渡した。震災遺構の「たろう観光ホテル」も訪れ、被災者と懇談した。

     岩泉町では今月19日に営業が再開する「龍泉洞」を訪問。町龍泉洞事務所の三上薫所長らの案内で内部を視察した。終了後、記者団に対し、「津波の恐ろしさを再認識した。震災の教訓を生かし、防災に努めたい」と述べた。あわせて、「龍泉洞の訪問が地域の活力につながるので、皆さんに来ていただきたい」とした。

     この日は、安倍昭恵・首相夫人も来県し、西和賀町のフォーラムに出席。小学校の名誉校長に就任予定だった学校法人「森友学園」(大阪市)の国有地売却問題で注目を集めるが、講演では同学園の問題に触れず、最後に「主人も私も頑張っているので、どうか応援していただければ」と参加者に呼びかけていた。

    2017年03月13日 Copyright © The Yomiuri Shimbun
    PR
    今週のPICK UP
    PR
    今週のPICK UP

    目力アップ♪

    疲れをほぐして、イキイキと!