文字サイズ

    かさ上げ地に大型商業施設オープン…陸前高田

    • かさ上げ地にオープンした大型商業施設「アバッセたかた」=飯島啓太撮影
      かさ上げ地にオープンした大型商業施設「アバッセたかた」=飯島啓太撮影
    • 多くの関係者が出席して開かれた「アバッセたかた」のオープン記念式典(いずれも27日午前、岩手県陸前高田市で)
      多くの関係者が出席して開かれた「アバッセたかた」のオープン記念式典(いずれも27日午前、岩手県陸前高田市で)

     東日本大震災の津波被害を受けた岩手県陸前高田市中心部のかさ上げ地に27日、震災前に市内で営業していた店舗などが入る大型商業施設「アバッセたかた」がオープンした。

     同市では被災地最大規模となる約125ヘクタールのかさ上げ工事が行われており、商業施設が開業するのは初めて。

     飲食店や衣料品店、ドラッグストアなど21店と市立図書館(7月に開館予定)が一体化した鉄骨一部木造平屋約8000平方メートルの複合施設。「アバッセ」は、地元の言葉で「一緒に行きましょう」という意味。

     開業式典では、戸羽太市長が「本当の意味で復興を遂げるため、中心市街地を軸にしっかり街づくりをしていく」と決意を述べた。施設には、震災前に市中心部に住んでいた被災者らが大勢詰めかけ、隣接地にできた「まちなか広場」では子供たちの歓声が響いた。

    (ここまで354文字 / 残り171文字)
    2017年04月27日 Copyright © The Yomiuri Shimbun
    読売プレミアムに登録された方 記事の続きへ
    未登録の方新規登録へ
    PR
    今週のPICK UP
    PR
    今週のPICK UP

    スイーツに目がない

    あれもこれも全部食べたい