文字サイズ

    避難対応の学校不手際、遺族の勝訴が確定

     東日本大震災の津波で犠牲になった宮城県東松島市立野蒜のびる小学校の女子児童(当時9歳)の遺族が、学校側の避難対応に問題があったとして市に損害賠償を求めた訴訟で、最高裁第2小法廷(山本庸幸裁判長)は5月30日付の決定で市の上告を棄却した。

     市に約2660万円の支払いを命じた1審・仙台地裁、2審・仙台高裁判決が確定した。

     東日本大震災の津波を巡り、避難対応の不手際を理由に遺族が賠償を求めた訴訟で、遺族の勝訴が最高裁で確定したのは初めて。

     1、2審判決によると、女児は震災直後に同校体育館に避難したが、担任の教諭から同級生の父親に引き渡され、海岸寄りの自宅に車で送り届けられた後に津波で亡くなった。訴訟で遺族側は「学校は安全を確認せずに保護者以外に娘を引き渡した」と主張した。

     2016年3月の1審判決は、女児宅の周囲に津波の予測浸水域があったことなどから、女児を帰らせれば津波に巻き込まれる危険があることを同校は予見できたと指摘。「保護者以外に女児を引き渡した過失があった」とし、17年4月の2審判決もこれを支持した。

     上告棄却決定を受け、同市の渥美巌市長は「市民の尊い命が失われたことを重く受け止め、災害対策の取り組みを一層強化し、再びこのような悲しみを感じることのないように努めていく」とのコメントを出した。

     一方、同校体育館に避難して亡くなった女性(当時86歳)の遺族が市に賠償を求めた訴訟の上告審で、同小法廷は5月30日付の決定で遺族の上告を棄却。原告側の敗訴が確定した。

    2018年05月31日 Copyright © The Yomiuri Shimbun
    PR
    今週のPICK UP
    PR
    今週のPICK UP
    ハウステンボス旅行など当たる!夏休み特集