文字サイズ

    辺野古護岸、工事進む…着手から半年

    • 普天間飛行場の移設地で行われている護岸工事の着手から25日で半年。建設された護岸(下)が海に向かって延びていた。上は米軍キャンプ・シュワブ(24日午後、沖縄県名護市で)=板山康成撮影
      普天間飛行場の移設地で行われている護岸工事の着手から25日で半年。建設された護岸(下)が海に向かって延びていた。上は米軍キャンプ・シュワブ(24日午後、沖縄県名護市で)=板山康成撮影

     沖縄県の米軍普天間飛行場(宜野湾市)の名護市辺野古への移設計画で、政府が移設先の護岸工事に着手してから25日で半年を迎える。

     現場海域では一部の護岸が沖合に向かって延びるなど、工事が進んでいる様子が確認された。

     政府は4月25日、埋め立て区域の北側で護岸建設を開始。護岸は海岸から沖合に向け約100メートル延びている。政府は工事を加速させるため、大型船を護岸に接岸して海上から石材などを大量に搬入することを計画。埋め立て区域の南西側では、資材を搬入するため、仮設道路の建設も進めている。

     政府は来月にも、南西側で新たな護岸建設を開始する方針。ただ、移設阻止を掲げる翁長おなが雄志たけし知事は、知事の許可権限などで対抗する構えを崩していない。

    2017年10月25日 Copyright © The Yomiuri Shimbun
    PR
    今週のPICK UP
    PR
    今週のPICK UP