文字サイズ

    格差社会の放置へ怒り…姜誠氏、混乱の韓国分析

     弁護士のこう初輔はつのすけ氏とジャーナリストの姜誠カンソン氏は22日夜、BS日テレの「深層NEWS」に出演し、朴槿恵パククネ大統領の友人による国政介入疑惑で混乱が続く韓国について語った。

     高氏は、大規模なデモにまで発展した国民の怒りについて、「格差が広がる中で、常に強い立場の人間が優位に立つ韓国社会の現状への反発だ」と指摘。姜氏は「特に就職難や結婚難などに苦しむ若者の間では、朴氏ではなく、(名門女子大への不正入学疑惑のある)崔順実チェスンシル被告の娘に対する怒りが強い。格差社会が放置されていることへの感情的な怒りが広がっている」と分析した。

    2016年11月22日 Copyright © The Yomiuri Shimbun
    PR
    今週のPICK UP
    PR
    今週のPICK UP
    2018年を彩るカレンダーをプレゼント!

    今月の特集「みんなにHappy Christmas!!」

    幾つになっても楽しいクリスマス