文字サイズ

    韓国政府には汚職や腐敗の問題…金恵京准教授

     日本大の金恵京准教授と明治大の斎藤孝教授、ジャーナリストの姜誠氏が9日、BS日テレの「深層NEWS」に出演し、韓国で朴槿恵パククネ大統領に対する弾劾訴追案が可決されたことについて議論した。

     金氏は韓国社会で癒着がはびこっていることに国民が不満を持っている問題を取り上げ、「韓国政府には汚職や腐敗の問題がまだある」と指摘した。斎藤氏は「財閥と政府が癒着している。日本とは構造が違う」と述べた。姜氏は次の大統領について「野党系の大統領になると日韓関係がきしむ可能性がある」と分析した。

    2016年12月09日 Copyright © The Yomiuri Shimbun
    PR
    今週のPICK UP
    PR
    今週のPICK UP

    山へ行こう♪

    初心者も、ベテランも 準備はしっかりと