<速報> 横綱・稀勢の里、九州場所10日目から休場
    文字サイズ

    鈴木宗男氏「何かしら動く」…日露首脳会談

     民進党の玄葉光一郎・前外相と新党大地の鈴木宗男代表が15日、BS日テレの「深層NEWS」に出演し、同日の日露首脳会談について議論した。

     玄葉氏は、ロシアのプーチン大統領が読売新聞、日本テレビとのインタビューで「領土問題は全くないと思っている」と述べたことに触れ、「北方領土問題で前進があったかどうか予断を許さない」と語り、16日の東京での首脳会談を注視する考えを示した。鈴木氏は「十分な話し合いはできたと思う。16日も会談をするので何かしら動くと思う」と述べ、成果への期待感を示した。

         ◇

     「緊急提言!3時間生激論スペシャル」として放送される16日のテーマは「世界崩壊の予兆か、日本を襲う衝撃波に備えよ」。

     ゲストは元外交官・宮家邦彦氏、東京財団研究員・小原凡司氏、国際政治学者・三浦瑠麗氏、東洋学園大・朱建栄教授、東海大・金慶珠教授、東洋大・竹中平蔵教授、自民党・林芳正参院議員、新党大地・鈴木宗男代表。

    2016年12月15日 Copyright © The Yomiuri Shimbun
    PR
    今週のPICK UP
    PR
    今週のPICK UP