<速報> 長野で震度5強の地震
    文字サイズ

    後藤健二さん足取り解明へ…トルコに捜査員派遣

     イスラム過激派組織「イスラム国」による日本人人質事件で、警視庁と千葉県警の合同捜査本部は近く、捜査員をトルコに派遣し、殺害されたとされるジャーナリストの後藤健二さん(47)を案内したシリア人ガイドらから事情を聞く方針を固めた。

     捜査本部は、後藤さんがイスラム国に拘束されるまでの足取りの解明を進める。

     関係者によると、後藤さんは昨年10月23日、トルコでシリア人のアラアッディーン・ザイム氏にガイドを依頼し、翌24日にシリアに入国。後藤さんはその後、イスラム国の拠点のラッカに向かおうとしたが、アラアッディーン氏に止められ、別のガイドを探したという。

     後藤さんは最終的に、「ヤーセル・ハッジ」を名乗るシリア人男性の案内でラッカに向かうバスに乗ったとみられる。このシリア人男性は、ジャーナリストやガイドなど複数の肩書を持ち、イスラム国支配地域に入ろうとする人の案内をしていたという。

     捜査本部は、トルコの捜査当局にも協力を求め、アラアッディーン氏や、シリア人男性らから事情を聞く。

    2015年04月01日 Copyright © The Yomiuri Shimbun
    PR
    今週のPICK UP
    PR
    今週のPICK UP