文字サイズ

    トランプ氏「国務長官を信頼」…辞任報道非難

     【ワシントン=黒見周平】トランプ米大統領は4日、訪問先のラスベガスで、ティラーソン国務長官について、「完全に信頼している」と記者団に述べた。米NBCニュースが同日、ティラーソン氏がトランプ氏に反発し、辞任を一時検討したと伝えたことを受けたもので、トランプ氏は「全くのいんちきだ」と非難した。

     これに先立ち、ティラーソン氏もワシントンで臨時の記者会見を開き、「職を辞そうと思ったことは一度もない」と強調した。

     ティラーソン氏は北朝鮮問題や中東政策をめぐり、トランプ氏とズレがあるとの指摘が出ている。米紙ニューヨーク・タイムズはティラーソン氏が異例の記者会見で“火消し”を図ったこと自体が「政権内の不和を示すものだ」と指摘した。

    (ここまで313文字 / 残り80文字)
    2017年10月05日 Copyright © The Yomiuri Shimbun
    読売プレミアムに登録された方 記事の続きへ
    未登録の方新規登録へ
    PR
    今週のPICK UP
    PR
    今週のPICK UP